ページの上部へ戻る

Sidify All-In-Oneをダウンロード

ホームホーム > 人気話題 >「この曲は何?」メロディーだけで曲名を検索する方法!

「この曲は何?」メロディーだけで曲名を検索する方法!

メロディーが思い浮かんでも、タイトルや歌詞がわからなく検索できなかった経験はありませんか?今回は、メロディーだけで曲名を検索する方法と検索された曲を無制限に再生できる方法を紹介いたします。

この曲は何?

鼻歌検索とは?

鼻歌検索は曲名や歌詞が思い出せない時、鼻歌や口笛だけで曲名を検索できる機能です。 検索画面でメロディーを口ずさむと、機械学習モデルがそのメロディーの特徴を認識し、音を一連の数字に変換します。 ネットで検索できる音楽ライブラリーと比較して検索結果を表示します。

鼻歌で曲名を検索する方法

音楽検索アプリ「SoundHound」

「SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー」はウィジェット機能を搭載したアプリです。「ウィジェット」は、スマホのホーム画面に天気予報やニュース、時計、音楽アプリなど、さまざまなアプリの情報を表示する便利な機能です。

  • 楽曲をアプリに聞かせるだけで、瞬時に曲名を探せる。
  • 精度の高い鼻歌検索機能が特徴。
  • 楽曲の再生機能も内蔵し、音楽プレーヤーとしても使える。

  • 中央にあるオレンジ色のボタンをタップして音楽を聞かせたら、数秒で曲名とアーティスト名を検索できます。
    SoundHoundで曲名を検索する

    「Shazam」の使い方

    Shazamは、街やラジオ、TVなどで流れている音楽を音声認識することで、その曲名やアーティスト名、歌詞などを表示してくれるアプリです。つまり、流れている音楽が誰の何という楽曲を瞬時に教えてくれるアプリということです。

      
  • 周囲で流れている曲の名前を数秒で検索できる。
  • 自動検索機能が内蔵され。
  • 操作がシンプルで使いやすい。
  • それでは、「Shazam」の使い方をご紹介いたします。

    Shazamを起動して、画面の中央にある大きなボタンをタップして、流れている音楽を聞かせば、数秒で曲名やアーティスト名が表示されます。検索結果には、ミュージックビデオや同じアーティストのヒット曲などの関連する情報も表示されます。使い方はとても簡単でしょう。

    Shazamで曲名を検索する

    Googleで音楽を認識する方法

    Googleでも鼻歌検索できます。Googleを使って曲名を検索する場合は、Googleを起動してから2つのステップだけで検索できます。Googleアシスタントに話しかけて、確認したい曲を再生するかメロディーをハミングすることで、近くで流れている曲の情報を確認できます。


    Googleをを使って「この曲は何」を検索する手順は以下です。

    Step1Googleを起動して、マイクのボタンをクリックします。

    Googleで曲名を検索する

    Step2マイクのようなボタンをクリックして、検索したい曲を再生するか、曲のメロディーをハミングします。

    Google検索に曲を再生する

    以上簡単な2つのステップで、数秒で曲名を知ることができます。

    Siriで鼻歌検索する方法

    iPhoneに搭載されている「Siri(シリ)」は、鼻歌検索にも対応しています。 使い方は簡単、見てみよう!

    Step1まず、「Hey、Siri」と声をかけて、Siriを起動します。

    Siriを起動する

    Step2Siriが成功に起動してから、「この曲は何?」とSiriに聞きます。

    Siriにこの曲は何と聞く

    Step3検索したい曲を再生やメロディーをハミングして、Siriが自動的に曲を聴いて教えてくれます。検索結果は以下のように画面に表示されます。

    Siriは自動的に曲を検索する

    検索された曲を無制限に再生できる方法

    鼻歌で曲名を検索する方法は以上です。上記の方法を活用すれば、どんな曲でも見つけることができるでしょう。検索された曲を聞き放題、無制限に再生したい場合は、「Sidify All-In-One」という音楽変換ソフトをおすすめします。

    オールインワンの音楽ダウンローダー

    Sidify All-In-Oneは、Spotify、Amazon Music、Apple Music、Line Music、YouTube Musicなど8つの人気音楽配信サービスからの曲を原音に近い超高音質で保存できます。速い変換スピード、高い出力品質でお好きな音楽をMP3、AAC、WAV、AIFF、FLAC、ALAC形式でダウンロードして保存できるパワフルなストリーミング音楽変換ソフトです。「Sidify All-In-One」を使って曲をダウンロードすれば、制限なしで、いつでもどこでも音楽を存分に楽しめます。

    Sidify All-In-One音楽変換

    オールインワン音楽変換

    • 機能1本のソフトで8つの音楽アプリに対応!
    • 機能音質を落さない!曲のタグ情報も保持したまま!
    • 機能会員プラン不問、フル曲を再生できるならすべて変換可能!
    • 機能オンラインで聴ける曲を MP3/AAC/WAV/AIFF/FLAC/ALAC 変換!
    • 機能10倍速変換を実現!時間を大幅に節約。
    • 機能CD書き込み、タグ情報編集、フォーマット変換のツール!

    それでは早速、「Sidify All-In-One」を使って、検索された音楽をMP3にダウンロードし、無制限に再生できる方法を紹介いたします。

    注:ここでは、人気な音楽ストリーミングプラットフォーム「Spotify」を例としてご解説いたします。

    Step1「Sidify All-In-One」をインストールして起動します。「音楽の録音ソース」画面から「Spotify アプリ」というオプションを選択します。

    録音ソースをSpotify アプリにする

    Step2左下の「設定」アイコンをクリックして、出力フォーマットをMP3 にセットアップします。

    出力フォーマットをプリセットする

    Step3Spotify アプリから検索された変換希望の曲を選んでから、「追加」ボタンをクリックします。

    Spotifyの曲を追加する

    Step4ダウンロードしたい曲にチェックを入れた後、「変換」をクリックします。

    Spotifyの曲をMP3に変換する

    Step5変換後、左側の「変換完了」をクリックすることで、変換履歴を確認できます。曲名の後ろにある「フォルダー」ボタンをクリックします。変換済みの曲を保存しているローカルフォルダーがポップアップされます。ここでは音楽を再生することもできます。

    変換済みのSpotifyの曲を確認する

    これで、音楽はMP3など汎用的な形式としてしっかりとダウンロード出来ました。ダウンロードした曲をスマホに転送して、いつでもオフライン再生できます。なお、「Sidify All-In-One」でダウンロードした曲がストリーミングから削除されても、影響が与ず無制限に再生できます。ご参照ください。

    まとめ

    鼻歌で曲名を検索する方法は以上になります。ご参考になればと存じます。なお、本記事で紹介させていただくSidify All-In-Oneはシェアウェア、無料で思う存分試用できます。まだ使ってみたことがない方は、ぜひ試してみてください。

    ただし、試用版では、1曲つき、1分間しか変換できません。試用版の利用制限を解除するには、ライセンスキーを購入する必要があります。試用された上、気に入れば購入できます。

    YouTube Music を MP3 に変換できるソフト

    SNS フォロー