ページの上部へ戻る

Apple Music 音楽変換を購入

ホームホーム > 活用記事 > Apple Music 関連記事 > Apple Music vs YouTube Music

Apple vs Youtube のミュージック対決!Apple Music と YouTube Music の機能や無料プラン、プレミアムを徹底比較

先回の記事では、Apple Music と、Amazon Music Unlimited(アマゾン ミュージック アンリミテッド)のどちらを選ぶか悩んでいるあなたのために、両サービスの特徴と違いをまとめました。Amazon Music Unlimited または Apple Music ほどの人気がありませんが、使っているユーザーの数も少なくないです。今 Amazon Music Unlimited にも 6500万曲を超えます。Apple Music の代わりに探している方は、Amazon Music Unlimited もいい選択になるかもしれませんが、YouTube Music を選択する人もいっぱいです~

YouTube Music vs Apple Music

Google 傘下の YouTube が2018年6月に開始した「YouTube Music」が11月14日から日本でも楽しめるようになりました。日本の音楽業界の救世主と呼ばれた YouTube Music は、若年層に人気が高いです。 でも、Apple Music に比べると、結局、どのサービスがいいの?あなたに合うのはどっち?

そこで、以下で、Apple Music と YouTube Music について、機能の違いや無料プラン、プレミアムプラン、サービスの内容についてそれぞれ比較していきます。迷っておられ方は参考にして下さい!

Apple Music 、YouTube Music について

Apple Music とは?

「Apple Music」(アップルミュージック)は Apple による提供された定額制の音楽配信サービスです。2015年6月30日に開始しました。iPhone だけでなく Android や PC もサポートし、多彩な機能を備えて、約5000万曲の楽曲が聴き放題です。利用者数だけでいえば、Apple Music は世界1位です。3ヶ月の無料試用期間あり、契約期間で、いつでもキャンセルできます。Apple Music を解約する方法をまとめ>>

YouTube Music とは?

YouTube Music は、YouTube の音楽サービスである。Google 社による開発され、米国やオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツなどの22国で展開しましたが、日本も2018年11月14日から開始しました。YouTube Music はビデオ配信サービスの YouTubeではなく、「音楽のために作られた」音楽配信サービスとして、ミュージックビデオだけでなく、アーティストのアルバム、シングル、リミックス、ライブ、カバーなど、多彩な音楽も楽しむます。広告付きの無料版と、広告無しでの音楽再生やオフライン再生などができる有料の Premium 版も用意します。なお、既に提供中の音楽配信サービス「Google Play Music」のユーザーは自動的に YouTube Music Premium も利用できます。

無料試用期間と料金プランについて

YouTube Music は広告付きの無料版と、月額980円からの YouTube Music Premium を用意しましたが、Apple Music は無料版を提供しません。まず、初めに、お互いの料金を比較していきます。

Apple Music YouTube Music
無料体験 3ヶ月無料 無料プランがあり
料金 学割プラン:月額480円
個人プラン:月額980円
ファミリープラン:月額1,480円
学割プラン:480円(Web/Android のみ)
個人プラン:
月額980円(Web/Android);1280円(iPhone)
ファミリープラン:
月額1,480円(Web/Android);1950円(iPhone)

有料プランから見ると、Apple Music と Youtube Music 全部で3つのプランがあります。Apple Music 側は、通常の個人プランは月額 980 円、6人までアクセス可能なファミリープランが月額1,480 円ですが、YouTube Music は、iPhone とAndroid の端末によって料金が違いです。iPhone ユーザーは、iTunes を通して Youtube Music を始めると iTunes の手数料分が割り増しされているため、 Android よりも月額300円~470円高くなっています。無料体験といえば、YouTube Music が Apple Music の3ヶ月よりも無料プランが用意されています。

無料プランの Youtube Music では、バックグラウンド再生ができないので、常に Youtube Music のアプリ画面を開いておかないといけません。本当にサービスが気に入ったのなら「有料版」を使えばいい。

ヒント:料金プランから見ると、Youtube Music がすこし複雑で、Apple Music なら、簡単で月額 980円です。学生なら、iPhone を利用する場合、Apple Music をおすすめします。

配信曲数と音質について

Apple Music YouTube Music
配信曲数 5000万曲 4000万曲以上+YouTube 配信映像
音質 最大256kbps
※回線速度に応じて自動調整
HE-AAC(aacPlus) の128kbps~320kbps
※回線速度に応じて自動調整

楽曲数だけでいうと、 Apple Music がトップの5000万曲です。 YouTube Music に関しては、ベースが4000万曲で、YouTube 配信コンテンツも配信曲数に加えられます。さすがに YouTube に上がっている音楽コンテンツの曲数はカウント出来ませんが、合法/違法議論を一旦置いて考えると、ライブ映像や PV・MV など合わせると、これらもサービスの中でダントツに楽曲数が多いことが予想されます。

音質の点について、一般的に、この kbps 数値が大きいほど音質は良くなります。YouTube Music 最大 320 kbps となっているので、比較表で見比べると、データ上では YouTube Music の方が音質は良いという結果になりました。(音楽ファイル形式は非可逆圧縮の「AAC(.m4p)」になるので、MP3 よりも圧縮率が高く、音質が良いです。)実際に聴き比べてみると、わずかながら YouTube Music (YouTube Music Premium)の方がクリアな聴き心地でした。

ヒント:曲の配信数は大差がありません。そして音質重視の人は、YouTube Music (YouTube Music Premium)の有料版を選びましょう!

レコメンド機能について

Apple Music vs YouTube Music レコメンド機能の比較

Apple Music はユーザーの音楽ライブラリや再生履歴をもとに学習するレコメンド機能「For You」を搭載しています。この機能は、ユーザー好みの曲をApple Musicがおすすめしてくれ、更に、ユーザーの好みを学習し、使えば使うほどおすすめの精度が上がっていく仕組みまで搭載しております!そのほか、「For You」では、趣の違う最大 4 つのミックス「チル・ミックス」「ヘビロテ」「フレンズ・ミックス」「ニュー・ミュージック・ミックス」が表示され、毎週更新されます。

Youtube Music には、レコメンド機能があり、アプリがあなたの聴いている音楽を学習し、あなたにピッタリの音楽を表示してくれるようになります。曲も映像も自分が好きなジャンルのものしか表示されず、好きな曲に似た新しい音楽を知ることもできます!大きく違う点を挙げるとすれば、位置情報に基づくレコメンドをしてくれる点です。たとえば、あらかじめ Google サービスに自宅や職場の位置情報を登録おけば、時間と場所を考慮して、「職場で時間を忘れて集中」「自宅でファミリータイム」といったプレイリストをおすすめしてくれます。

ヒント:「レコメンド機能」から見ると、両者はほぼ同じようです。YouTube Music の位置情報に基づくレコメンドをするのはすごいだと思います。

対応端末とスマートスピーカー

Apple Music YouTube Music
対応端末 iOS 端末
Android端末
タブレット
パソコン
Apple Watch
Apple TV・CarPlay
iOS 端末
Android端末
ゲーム機
Chromecast
Roku(LT、1、2、2 HD、2 XD、2 XS、3、Streaming Stick、Roku TV)
パソコン
スマートスピーカー HomePod Google Home などGoogle アシスタント搭載のスマートスピーカー

双方ともに、通常のストリーミング再生・オフラインでも再生できるよう、楽曲をあらかじめダウンロードしておくことが可能です。両方が対応したデバイスがいっぱいですが、Apple Music とAndroid 端末はいまいち相性が悪いのか不具合が発生することが時にあります。

ヒント:YouTube Music は Google エコシステムのユーザーにとってはいい選択だと思います。さらに、一つのメリットとして、それはユーモラスなオーディオとビデオの音楽コレクションを持っています。Apple のデザインが好きな人、Apple Music の製品をいくつかを持っている人にとって、Apple Music はその家族計画と他の Apple 製品の間でうまく作業することができます。

まとめ

いかかでしょうか?上記の記事では、無料試用期間、料金、配信曲数、対応端末、音質、レコメンド機能などの様々な面から、YouTube Music と Apple Music を比較しました。Apple が提供している音楽サービスだけあって、iPhone との相性もいい点が挙げられ、やっぱり、安定、安心、良サービスの「Apple Music」が断然おススメです!

ですが、「百聞は一見にしかず」ではないですが、自分のライフスタイルにあったサービスかどうか、ぜひ一度試してみてください。

最後に、Apple Music のユーザーに向け、機能のパワフルな Apple Music 変換ソフト - Sidify Apple Music Converter をご紹介したいと思います。これ一本を使えば、Apple Music からダウンロードした音楽、アルバム、プレイリストを手軽に変換したり、CD に焼いたりすることができます。Apple Music と併用すれば、Apple Music から好きな楽曲を個人的保存して楽しむことができますよ。

おすすめ製品

解約後でも Apple Music での曲を聴きたい?

Apple Music 音楽変換とは、Apple Music のためのパワフルな MP3 変換ソフトであり、Apple Music からダウンロードした音楽を高音質のまま MP3、AAC、WAV、FLAC などに変換できます。変換後、アーティストや、アルバム、トラック番号など曲の ID タグ情報をそのまま保持します。また、iTunes で購入した音楽、オーディオブックも変換できます。Windows 10 と macOS Mojave に完全対応します。(詳細を見る >

Amazon Music 変換ソフト

SNS フォロー