ページの上部へ戻る

Apple Music 音楽変換を購入

ホームホーム > 活用記事 > Apple Music 関連記事 >Apple Music の知るべき豆知識

会員数が6000万人以上を突破! Apple Music の知るべき豆知識

Apple Music の解説記事です。ストリーミング音楽サービスが大流行の時代において、Apple Music と Spotify は高人気で2大巨頭になっています。特に、報道によると、2019年4月まで、アメリカで Apple Music の有料会員数は既に Spotifyの有料会員数を超えました。この文章は Apple Music の機能、料金プラン、解約方法、よくある質問などの面から Apple Music の中身のすべてを紹介したいんです。

Apple Music 会員に加入したい方は、事前に Apple Music に関する豆知識を知ったほうがいいと思います。すでに Apple Music を購読した方もこの記事を参考になる可能です。

Apple Music に関する情報

Apple Music とは?

Apple Music(アップルミュージック)は、アップルの音楽配信サービスであり、月額980円で約5,000万曲の楽曲が聴き放題になります。2015年6月30日にサービスが100以上の国で開始されて、2019年6月に至って、6000万の有料購読者を超えました。Apple Music メンバーシップになると、Apple ID でサインインしたら、Mac や iPhone に限らず、Windows の PC や Android スマホでも利用できます。

Apple Music の料金プランは?対応できるデバイス?

Apple Music は Apple Music には無料プランがありませんが、3ヶ月間の無料トライアル期間が設定されており、個人プラン、ファミリープラン学生プランの三つのプランが用意されております。個人なら月額980円、家族利用で月額1480円(最大6人までで)、学生なら月額480円で登録されていると、どんな音楽でも楽しむことができるようになっています。

関連記事:
Apple Music 学生プランについて
Apple Music ファミリープランについて

Apple Music の有料会員になったら、Apple Music が利用可能のデバイスで、Apple Music の曲をダウンロードして、オフライン再生が可能です(Windows 7以降、Mac 10.9.5以降、iOS 8.4以降、Android 4.3以降と Apple TV 4代目以降など)。iPod Shuffle/Nano/Classic、iPod Touch 4 または他社のウォークマン、PSP、Kindle Fire、MP3 プレーヤーなどに未対応ですが、専門な Apple Music 変換ソフトを利用すれば、Apple Music をそれらのデバイスで再生することもできます。

関連記事:
Apple Music での音楽をウォークマンに入れて持ち歩く
Apple Music での音楽を MP3 プレイヤーに入れて楽しむ
Apple Music の曲を iPod Touch に転送してオフラインで聴く
Apple Music の曲を車で聴く・流す方法まとめ

おすすめ製品:専門な Apple Music 変換ソフト

DRM がかかっているため、Apple Music をほかのデバイスに転送することなんて色々な制限があります。制限なくて Apple Music を利用すれば、その DRM 保護を解除する必要があります。ここでは絶賛の専門な Apple Music DRM 解除ソフトである Apple Music 音楽変換を紹介します。

Apple Music 音楽変換とは、プロの Apple Music 音楽変換ソフトのことです。Apple Music 音楽変換を使えば、iTunes ライブラリにダウンロードした Apple Music の曲にかかっている DRM 保護を解除して、曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、アートワークなどの情報を丸ごと保持したまま、よく使われている音楽形式 MP3、AAC、WAV、FLAC などに高品質で変換して永久に保存できます。非常に素晴らしいソフトだと思います。無料体験できますが、早速ダウンロードしてみましょう。

Apple Music の各機能について

Apple Music の会員になると、Apple Music では約5000万曲もの音楽を楽しむことができます。Apple Music は、とても多くの要素が詰まったサービスになっています。優れたレコメンド機能や世界のラジオ、ミュージックビデオや歌詞表示など多彩なコンテンツが楽しめ、日常を音楽で彩ってくれます。次は主要な機能についてご紹介します。

「For You」-優れたレコメンド機能

「For You」は、再生履歴によって、ユーザー好みの曲を Apple Music がおすすめしてくれる機能です。確かに、5000万曲の Apple Music から自分の興味に合った音楽を探して聴くのはなかなか難しいでしょう。この機能は、日常の再生履歴からユーザーの好みを学習し、日替わりのプレイリストやアルバム、アーティストなどの適合コンテンツを毎日オススメしてくれます。使えば使うほどおすすめの精度が上がっていきます。

Apple Music の For You 機能

「見つける」 - 多角度から未知の音楽と出合える

「見つける」とは新譜情報や人気ランキングなどを参考に、普段あまり聴かない楽曲や、自分では想像しないような切り口で新たに音楽に出会える機能です。

音楽のトレンドがわかるばかりではなく、さまざまなジャンルの楽曲やミュージックビデオ、Appleが選曲した多様なプレイリストにもアクセスできます。いわば音楽の百貨店のような機能。「ムード」によって、リラックスしたいとき、作業するとき、パーティ気分を上げたいときなど、あらゆる側面から未知の音楽と出合えるというわけです。

Apple Music の 「見つける」機能

「Radio」-Beats 1など音楽番組をライブでオンエアする

Wi-Fi 接続やモバイルデータ通信接続を使えば、だれでも、「Beats 1」やその他のライブ放送のラジオ放送を楽しめます。(「Beats 1」は、24時間毎日、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから、世界100か国以上に向けてオンエアされている生のラジオが楽しめます。)

Apple Music に登録していれば、さまざまなジャンルのオンデマンドのステーションを聴いたり、自分でステーションを作ったりすることもできます。

Apple Music の 「Radio」機能

任意の曲を基準に、同じアーティストの曲やジャンルの似ている曲が自動で選曲して流れます。例えばロックバンドの楽曲を再生しながら、ステーションを作成すると、同じロック調の楽曲や年代が近いバンド、ファンが共通しているアーティストの楽曲が再生されがちです。自分の好みに近い曲が流れやすいのがステーション機能の魅力です。

ご注意:Radio は、一部の国または地域でご利用いただけます。また、ご利用になれる機能は国や地域によって異なる場合があります。お住いの国や地域で利用できるコンテンツについては、こちらの記事でご確認ください。

「検索」-目的の音楽を素早い探せる

Apple Music には、目的の音楽を探せる強力な検索機能も搭載しています。アーティスト名、曲名などで検索が可能なほか、トレンド検索もチェックできます。さらに、2019年3月頃から、Apple Music でも歌詞から曲を検索することが可能になりました。

Apple Music を使っていると、「歌詞は分かっているけど、曲名何だっけ?」という時は、歌詞から曲を検索するとよいです。

Apple Music の 「検索」機能

ライブラリでの楽曲管理:iCloud ミュージックライブラリ

Apple Music に登録している場合は、iCloud ミュージックライブラリを有効にしておけば、iTunes ライブラリ全体と、Apple Music のカタログから追加した音楽をお使いのすべてのデバイスから楽しめるようになります。

iCloud ミュージックライブラリ

ライブラリに別の音楽が入っていると、音楽を統合するか置換するか尋ねられます。端末にある音楽をライブラリに追加するため、このような場合、「ミュージックを残す」を選択してください。「削除して置き換える」を選択するなら、デバイスに入れた楽曲が Apple Music のものに置き換えられてしまいます。これによって、オリジナル音源と比べて音質が若干落ちてしまったり、コピー不可のファイルに変わってしまうとともに、もともとライブラリにあった楽曲にもかかわらず、Apple Music を解約した後消えてしまいます。なので、ここは「ミュージックを残す」を選択しておくことをおすすめします。

Apple Music に関するよくある質問

Apple Music を無料体験・解約・退会するには?

Apple は3カ月間の無料トライアルを実施していますが、無料期間が終わっても自然と解約されないので、気づいたら課金されてしまったという人は多いです。この記事は Apple Music の無料体験及び Windows、Mac、iOS、Apple TV や Android スマホの面から Apple Music メンバーシップを解約と退会する方法を紹介します。詳細を見る>>

Apple Music「この項目は再生できません」と表示され、どうしますか?

Apple Music を使う時、「項目は使用できません、この項目は再生できません」というエラーメッセージが表示されて、音楽が聞けません。 なぜこのような問題が起きっていますか?この記事は Apple Music 「この項目は再生できません」と表示された問題の対処法をまとめて紹介したいです。参考になさってください。詳細を見る>>

Apple Musicで曲名が灰色になっていてダウンロードできない!どうしますか?

「急に曲をダウンロードできなくなりました。 容量も残っております。 経験ある方おられますか?」「Yahoo 知恵袋と Apple コミュニティ でダウンロードできない問題の解決策を尋ねる方もいっぱいです。Apple Music の曲をダウンロードできない場合、この記事をご参考にしてみてください。詳細を見る >>

各ストリーミングサービスとの比較記事

定額で聴き放題の音楽配信サービス(アプリ)が急増し、徐々にスマホユーザーの間で浸透してきています。Apple Music を除いて、Spotify と2017年に開始した Amazon Music Unlimited (アマゾン・ミュージック・アンリミテッド)、YouTube Music、 Google Play Music なども、高品質のオンライン音楽ストリーミングサービスとしてますます人気が高まっています。それらの中で、どちらのサービスを選ぶかもう決めましたか?結局、どのサービスがいいの?次の記事でも Spotify、Google Play Music、YouTube Music、Amazon Music Unlimited のサービスを比較してみます。

Apple Music 対 YouTube Music
比較記事!Apple Music 対 Amazon Music Unlimited

「Apple Music」と「Amazon Music Unlimited」どちらを選ぶかを迷っている方が多いと思いますので、今回は、Apple MUsic と Amazon Music Unlimited を比較して、迷っておられ方は参考にして下さい!

詳細を見る >
Apple Music 対 Amazon Music Unlimited
Apple vs Youtube のミュージック対決!

Google 傘下の YouTube が2018年6月に開始した「YouTube Music」が11月14日から日本でも楽しめるようになりました。日本の音楽業界の救世主と呼ばれた YouTube Music は、若年層に人気が高いです。 でも、Apple Music に比べると、結局、どのサービスがいいの?

詳細を見る >
Apple Music 対 Google Play Music
Apple Music と Google Play Music を比較

Apple Music と Google Play Music がどっちにもそれぞれのメリットとデメリットがあります。どっちらを選ぶべきか、迷っておられ方は参考にして下さい!

詳細を見る >
Apple Music 対 Spotify
Apple Music と Spotify ではどちらが良いの?

現状になってみて「Apple Music」と「Spotify」のどちらがいいのか。この記事は、いろいろな面から「Apple Music」と「Spotify」の違いとそれぞれの特徴についてまとめてご紹介します。

詳細を見る >

まとめ

以上は、Apple Music に関する情報(料金プランから基本機能、よくある質問、オフライン再生、退会方法まで)のご紹介です。お役に立てば、嬉しいです。また、もしこの文章を気に入っていただけたら、Twitter や Facebook でシェアをお願いします。

SNS フォロー